ちわぐるず



ペットロスに救われて


 虹の橋便り
 百詩  虹の橋  命日  
 18

11年を終えて  10年が経ったはるパパが愛した愛犬はるパパを愛してくれた愛犬小さな身体で大きな愛情をくれたね小さな身体で大きな時を刻んだねいつも通りに第二の誕生日と言う言葉を使うようになって10年が経った。今日ははるパパ最初の愛犬、百詩(ももじ:享年11♂)が初めての一人旅に出た日である。可愛い子には旅をさせろなどと言うが、それには少し早く、まだやり残したこともあったろうし、可愛がられることも十分で...

read more 続きを読む