ちわぐるず



あの日ビーグルを捨てた人へ 第三話

 捨て犬の話     2
捨て犬の話ライン1200x60

動物にだって生きる権利があるはず 命なのか物なのか

腫れていた左目
怖かったろう痛かったろう
どんな気持ちで耐えていたのだろう
辛かったろう寂しかったろう


初めての撮影会で緊張気味
幸せな犬生の始まり
あの日見つけ出した百詩と育美と
はるパパも感謝している


捨て犬の話フッター


やるべきことはやったが…


あの日ビーグルを捨てた人へ 第二話  から

あのぉ、犬を拾ったんですが…。
「またか…。」
交番に入るなり聞こえた言葉。
駅前の交番に詰めていた警察官は警部補という肩書きを持っていた。捨て犬、野良猫の届けほど面倒なことはないと愚痴をこぼした。ほとんどの場合、ハッピーエンドにはならないということをその愚痴は雄弁に語っていた。
一体このビーグルはどうなってしまうのか?
犬を飼っていなくても、捨て犬の末路がどんなものか安易に想像がつくだろう。
警部補は説諭するかのように口を開いた。
「おたくはもう2頭飼ってんねやろ? 2頭も3頭もあんまり変われへんと思うねんけどな。」
間髪いれず、
「可愛そうにこの子も殺処分かな?」
執拗なまでに犬飼いの心を脅かすようなセリフを吐いた。
まるで取調べでも受けているかのように、ただただうなだれて聞くしかなかったがその反面、自身の携帯電話で犬を欲しがっている人がいないか、知人たちに聞いてくれたりもした。
今までこうして届けられたにもかかわらず、不幸な末路を辿っていった数多くの犬や猫の後姿を思い出していたのかも知れない。
無骨な警部補の一言ひとことには命に対する優しさが溢れていた。
「拾得物預かり書」に記入するためにビーグルは体長・体高を物差しで測られた。腹の傷や顔の腫れに少しでも触れると「キャンっ」と悲鳴を上げる。悲鳴を上げ、身を逸らす。すぐにまた測られる。その合間にも警部補の手をチロチロと舐めたりしていた。
本当に人間が好きなんやな。
その大好きなはずの人間にこんなことされて悲しかったろう、怖かったろう。さぞや辛かったろう。
たった一画足すだけで辛いという字は幸という字になるではないか。
よし、俺があと一画足してやる。お前と俺をつなぐ一本の線を。 お前は俺が幸せにする。
安易に言い放ってしまったが…。
ビーグルという犬種のことをあまりにも知らなさすぎた。




最後までお付き合いくださりありがとうございました


web拍手 by FC2

  • 現在、ブログランキング関係の応援はご遠慮させていただいております。(2021/08/08)
  • ブログ内検索とカテゴリメニューを最上部のメニュー内に移動しました。(2020/10/01)
  • コメント欄に画像が表示できるようになりました。詳細はコメント入力フォームのご案内をご覧ください。(2020/07/05)
Twitterではときどき言いたいことをつぶやいています。“フォロー” “いいね!”をどうぞ!
Instagramではいい写真が撮れたときなどに投稿しています。こちらのフォローもどうぞ!
Facebookでは現在リンクをしておりません。
ごあんないちわぐるずメンバー紹介もご覧ください。 お問い合わせ・ご意見などはメールフォームからお気軽にどうぞ。

ヲタクハトックニチワグリアン
BLOG'N DOGS 次回の活躍をお楽しみに!
お相手はあなたのはるパパでした

comment(s) 2

There are no comments yet.
一番初めのコメントを残しませんか?

三日月@久遠

№5205

No title

百詩くんとと育美ちゃんに
でっかい弟君が出来た瞬間だね^^

見つけてくれてありがとう。

  • 2016/12/11 (Sun) 01:29

はるパパ@ちわぐるず

№5206

三日月@久遠さん №5205

こんばん▼o・ェ・o▼ワン!v-286

最初は戸惑ってたみたいやけど、すぐに状況を理解したみたいやったわ。
この二匹との相性が一番心配やったけど、全然大丈夫やって安心した。
デッカイ弟、ホンマやな。
晴真もその辺はよく解ってるみたいやわ。

久遠ママちゃん、ホンマにおおきにねぇ (´∀`艸)♡

  • 2016/12/11 (Sun) 01:32

comment form



コメントを投稿される方へのご案内

  • コメントを投稿された際にはプライバシーポリシーをご了承いただいたものと判断をします。このブログのご案内でご確認ください。
  • 記事本文を参照としないコメントやご自身の近況報告、コピーペーストのコメントは削除する場合があります。
  • ちわぐるずではコメント承認制を採らせていただいております。いただいたコメントは承認後に公開されます。不適切と判断したコメントは削除します。
  • 投稿後はパスワードを設定されていれば編集できますが、削除はできません。
  • 非公開コメントは一度投稿されると編集,削除,確認はできません。
  • コメント欄に画像を表示できるようになりました。画像URLをそのまま本文欄にお書きください。原寸での表示となりますのでサイズにご注意ください。
  • コメント欄用の文字修飾ツールは設置しておりません。HTML5準拠によりコメント欄でのHTML利用(文字色変更,下線,打線,太字など)はお控えください。はるパパからのお返事は赤い文字を使用しますが、これはCSSで色を指定しています。