ちわぐるず



あの日ビーグルを捨てた人へ 第五話(完)

 捨て犬の話     2
捨て犬の話ライン1200x60

共に歩もう はるパパがはるパパになった日

アゴの下の自慢のタルタル
このアゴに出会えてよかった
ビーグルのあごのタルタル
あの日拾った公園で
あの日この公園に行ってよかった


気持ちよさそうに眠る顔を見る
何も間違ってなどいなかったと再認識する
ビーグルの鼻
捨て犬ビーグル
その名を晴真と名付けし


捨て犬の話フッター


さぁ、幸せにしてやるからな


あの日ビーグルを捨てた人へ 第四話  から

躊躇する時間などなかった。
こうして2チワワと1ビーグルとの新しい暮らしが始まった。180日間、「落とし主」が現れないようにと祈る日々が始まった。
我が家での暮らしに慣れ始めるとこのビーグルはやりたい放題、し放題。冷蔵庫を開けては野菜から肉から魚まできれいに食べ尽くしました。炊飯器を開けては炊きたてご飯を二合もぺろりと平らげました。魚焼きグリルからは焼いているさんまを、襖を破って押入れからはストックのフードを。
武勇伝は枚挙に暇がありません。
ビーグルという犬種の食に対する貪欲さを目の当たりにし、あなたが捨ててしまった理由が何となく解る気がしました。理解したのでは決してありません。何となく察した、という程度です。
あなたのことを解ろうなどという気持ちはさらさらありませんから。
あなたには本当に感謝しています。このビーグルの生があるうちに捨ててくれたことに、あなたの人間としての心が少しだけ残っていたことに。
しかし、あなたは本当にずるい。そして何より可哀想な人だ。
ビーグルという犬種の、この天真爛漫な姿を朗らかだと受け入れることが出来ず、命を放棄してしまった哀れな人。
このビーグルはそんな波乱万丈な幼犬期を過ごしたにも拘らず、人間を、他の動物たちを、家族を心の底から愛してくれます。あなたにも向けていこうと思っていたに違いない、無垢でまっすぐな愛情を向けてくれています。
晴れて真実の愛情に出会えたということで、ビーグルには晴真と名付けました。
その晴真がはるパパという名前をはるパパにくれました。
そして…
みんなで幸せに暮らしていますから大丈夫です。


(完)


最後までお付き合いくださりありがとうございました


web拍手 by FC2

  • 現在、ブログランキング関係の応援はご遠慮させていただいております。(2021/08/08)
  • ブログ内検索とカテゴリメニューを最上部のメニュー内に移動しました。(2020/10/01)
  • コメント欄に画像が表示できるようになりました。詳細はコメント入力フォームのご案内をご覧ください。(2020/07/05)
Twitterではときどき言いたいことをつぶやいています。“フォロー” “いいね!”をどうぞ!
Instagramではいい写真が撮れたときなどに投稿しています。こちらのフォローもどうぞ!
Facebookでは現在リンクをしておりません。
ごあんないちわぐるずメンバー紹介もご覧ください。 お問い合わせ・ご意見などはメールフォームからお気軽にどうぞ。

ヲタクハトックニチワグリアン
BLOG'N DOGS 次回の活躍をお楽しみに!
お相手はあなたのはるパパでした

comment(s) 2

There are no comments yet.
一番初めのコメントを残しませんか?

三日月@久遠

№5209

No title

うん、とにかく生きてるうちに捨ててくれて良かった。
いや捨てる行為自体は本来は良くないけど
この場合は特例よ

あの日やっと、運命の人(飼い主)に巡り合えたのよね、晴君^^
良かったね~

  • 2016/12/11 (Sun) 01:39

はるパパ@ちわぐるず

№5210

三日月@久遠さん №5209

こんばん▼o・ェ・o▼ワン!v-286

そりゃぁ、捨てたやつには言いたいことは山ほどあるし、感情を抑え切れんほどやけど、考えようによってはソレやねんな。
はるパパもそう思うことで感情を抑えているんやと思う。
今となってはもうどうでもいい話やけどな。
はるパパを幸せにしてくれた晴真を遣わしてくれたんやから、今は感謝かな。

久遠ママちゃん、過去記事5連チャンコメント、おおきにねぇ (๑❛ᴗ❛๑)♡

  • 2016/12/11 (Sun) 01:43

comment form



コメントを投稿される方へのご案内

  • コメントを投稿された際にはプライバシーポリシーをご了承いただいたものと判断をします。このブログのご案内でご確認ください。
  • 記事本文を参照としないコメントやご自身の近況報告、コピーペーストのコメントは削除する場合があります。
  • ちわぐるずではコメント承認制を採らせていただいております。いただいたコメントは承認後に公開されます。不適切と判断したコメントは削除します。
  • 投稿後はパスワードを設定されていれば編集できますが、削除はできません。
  • 非公開コメントは一度投稿されると編集,削除,確認はできません。
  • コメント欄に画像を表示できるようになりました。画像URLをそのまま本文欄にお書きください。原寸での表示となりますのでサイズにご注意ください。
  • コメント欄用の文字修飾ツールは設置しておりません。HTML5準拠によりコメント欄でのHTML利用(文字色変更,下線,打線,太字など)はお控えください。はるパパからのお返事は赤い文字を使用しますが、これはCSSで色を指定しています。