ちわぐるず



虹の橋 第三部 「雨降り地区」

 虹の橋便り     0
虹の橋便りライン1200x60BBL

虹の橋第三部 雨降り地区

悲しみが癒えなくとも
寂しさが募ろうとも
虹の橋
きちんと送り出さないといけないのです
最後にしなくてはならないことなのです


虹の橋便りフッタ


奇跡のとき

虹の橋 第二部 「虹の橋にて」  から

こんな風に幸せと愛の奇跡に満ちている「虹の橋」の入り口に
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります
そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り 動物達は寒さに震え
悲しみに打ちひしがれています
そう ここに降る雨は残して来てしまった誰かさん
特別な誰かさんが流す涙なのです
ほとんどの子はほどなくして暖かい陽ざしの中に駆け出して
仲間と戯れ 遊び 楽しく暮らす事ができます
ほんの少しの寂しさと物足りなさを感じながらも…
でも いつまで経ってもずっと「雨降り地区」から
出て行かない子達もいるのです
地上に残して来てしまった特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので
とてもじゃないけれど みんなと楽しく遊ぶ気になどなれないのです
その誰かさんと同じ辛い想いをして
同じ悲しみに凍えているのです
死は全てを奪い去ってしまうものではありません
同じ時を過ごし 同じ楽しみを分かち合い 愛し合った記憶は
あなたの心から永遠に消え去る事はないのです
地上にいる特別な誰かさん達の幸せと愛に満ちた想い出こそが
「虹の橋」を創りあげているのです
ですからどうか別れの悲しみにだけ囚われないでください
彼らはあなたを幸せにする為にこの世に遣わされたのです
そして…
何よりも大切な事を伝えにやって来たのです
命の儚さと愛しさを…
束の間の温もりに感じる慈悲の心の尊さを…
その短い生涯の全てを以って教えてくれたのです
癒える事のない悲しみだけを残しに来たのではありません
悲しくなったら思い出してください
動物達が残して行ってくれた 形にも言葉にもできない様々な宝物を
それでも心が折れそうになったのなら
そっと目を閉じてみてください
「虹の橋」にいる彼らの姿が見えるはずです
信じる心のその中に必ずその場所はあるのですから…

(完)

この「虹の橋」第一部と第二部は原作者不詳のまま、多くの動物愛好家たちの間に伝わっている詩です。
動物を愛する方の中にはご存知の方も多いでしょう。
第一部と第二部の原文は英語で、世界中の共感を持った方たちによって様々な言語に翻訳され、
主にインターネットを通じて伝えられています。 作者は別とされており、出版されているものもあります。
第三部は日本のシバヤマさんという方の創作です。
愛する動物を亡くし、深い悲しみの中にいる多くの人たちを勇気付ける素晴らしい詩。
愛した動物にいつの日かまた会えるという希望を与えてくれる愛おしい詩。
今からワクワクしませんか? 胸躍りませんか?
だってまた、愛するあの子に会えるというのですよ。
今、愛する家族を亡くした私たちが一番叶えたい夢。
いつの日か手をつないで一緒に虹の橋を渡り、また遊んだりお散歩に行けるのですよ。
その日を楽しみにして、今を精一杯生き抜いていきませんか?
そう、あの子は「さようなら」とは言いませんでした。
「お先に失礼!」と言って旅に出たのですから。

本文のレイアウト、加筆訂正、あとがきはこの詩によって救われた一人、ちわぐるずのはるパパによります。
無断転載、無断複写大歓迎の文章となっていますので是非みなさんも広めてください。
ただし、営利目的にはご使用にならないようお願い申し上げます。



最後までお付き合いくださりありがとうございました


web拍手 by FC2

  • 現在、ブログランキング関係の応援はご遠慮させていただいております。(2021/08/08)
  • ブログ内検索とカテゴリメニューを最上部のメニュー内に移動しました。(2020/10/01)
  • コメント欄に画像が表示できるようになりました。詳細はコメント入力フォームのご案内をご覧ください。(2020/07/05)
Twitterではときどき言いたいことをつぶやいています。“フォロー” “いいね!”をどうぞ!
Instagramではいい写真が撮れたときなどに投稿しています。こちらのフォローもどうぞ!
Facebookでは現在リンクをしておりません。
ごあんないちわぐるずメンバー紹介もご覧ください。 お問い合わせ・ご意見などはメールフォームからお気軽にどうぞ。

ヲタクハトックニチワグリアン
BLOG'N DOGS 次回の活躍をお楽しみに!
お相手はあなたのはるパパでした

comment(s) 0

There are no comments yet.
一番初めのコメントを残しませんか?

comment form



コメントを投稿される方へのご案内

  • コメントを投稿された際にはプライバシーポリシーをご了承いただいたものと判断をします。このブログのご案内でご確認ください。
  • 記事本文を参照としないコメントやご自身の近況報告、コピーペーストのコメントは削除する場合があります。
  • ちわぐるずではコメント承認制を採らせていただいております。いただいたコメントは承認後に公開されます。不適切と判断したコメントは削除します。
  • 投稿後はパスワードを設定されていれば編集できますが、削除はできません。
  • 非公開コメントは一度投稿されると編集,削除,確認はできません。
  • コメント欄に画像を表示できるようになりました。画像URLをそのまま本文欄にお書きください。原寸での表示となりますのでサイズにご注意ください。
  • コメント欄用の文字修飾ツールは設置しておりません。HTML5準拠によりコメント欄でのHTML利用(文字色変更,下線,打線,太字など)はお控えください。はるパパからのお返事は赤い文字を使用しますが、これはCSSで色を指定しています。