ちわぐるず



二枚目

 朗らか日記     8
朗らか日記ライン1200x60

美味しいものが届きました 毎年届くゆずもいただきました

半年前はまだこの世にいた久遠ちゃん
夕陽を背に何を想っているのか
あなたと暮らせて幸せでした
きっとそう想っている


ちわぐるずエンブレム


そんな久遠ママちゃんこと三日月@久遠さんからお荷物が
晴真がお荷物だと言っている訳では…
荷物もロクに運べもしないで文句を言われるが
ビーグルなんだもの仕方がない


記事タイトルをすっかりと忘れていたはるパパ
そうそう二枚目(近頃そんな言い方せぇへんが…)や
何やらいざこざの予感
綴詩(つつじ)が爆発寸前のようです


今日のはるズボライン

毎度おなじみ 晴真のカバンチェック!

二枚目になった綴詩でしたが
ズボ太郎こと晴真はとっくにズッポリした後でした
男ならズボっといかんかいっ!
NO ZUBO NO LIFE


で、何が出てきたかと言うと
ご覧の通りです
見て解らぬものは
聞いても解らぬ… とまでは言いませぬ


天国からゲスト出演の久遠ちゃん
せっかくの美ーグルが台無し
夢の共演が今夜実現
初コラボがこんなんでゴメンね


ようやくピントの合った画像が撮れました
ちわぐるずにはおやつを
はるパパにはビンに入った何かを
そして久遠ちゃんの名刺も


三日月@久遠さん地区名物
ご飯にかけるギョーザをいただきました
はるパパ地区のスーパーにも売っているとは
ここでは内緒にしておきます


久遠ちゃんの名刺はこれで二枚目
ここで記事のタイトルの真意が登場です
今までのは余興前菜オードブル
はるパパはこの久遠ちゃんの写真が好き


遠いと思っていても
もう会えないと思っていても
すぐ近くにいて
いつでも見守ってくれている


ちわぐるずエンブレム


そんなこんなから数日後
またまた三日月@久遠さんからお荷物が届きました
柑橘系が苦手な晴真には手も足も出ん
それでも何とかしようと目論むからな


ブロガーも何かを目論見ます
お決まりの段取りですね
ノリノリのはるパパと不穏な空気を察知した晴真
コレをやらなきゃナニをやる?


NO NOSEGEI NO LIFE
豚に真珠、猫に小判、貪欲ビーグルゆず頭
毎年送っていただくゆずが今年も
久遠ママちゃん ありがとう


ちわぐるずのお散歩友達ライン

ちわぐるずのお散歩友達 仲良くしてね

幸せに暮らせたから穏やかな表情
君といつでも一緒
君を忘れない
三日月さんお気に入りだと言う画像をお借りしました
久遠ちゃんの記事も見てね


postscript

会ったことのないお友達のお話でした

今年で何回目になるのか、毎年初夏にはそらまめを、そして初冬にはゆずが栃木の三日月@久遠さんから届くようになった。今年、北関東を襲った豪雨でその収穫が懸念されたが、杞憂だった。「もうそんな季節か」と気付かせてくれ、平凡な日常に彩を添えてくれる。つい先日には「ごはんにかけるギョーザ」を送っていただいた。実は近所のスーパーでも売っていると、言わなくてもいいのに伝えてしまったが、これはお互いに不要な気を遣うことがない証拠である。2種類送っていただいたうちの辛い方は初見なので、かなり嬉しい。ギョーザをごはんにかけるという発想がギョーザ名産地ならではだが、これがなかなか美味しくてお勧めの一品である。
楽天やamazon、吉岡油糧に次ぐ我が家宛の荷物の荷主さんだからと、その亡き愛犬久遠ちゃんの記事を特別に多く書いているのでは決してない。久遠ママちゃんと呼ばせていただいている三日月@久遠さんの、久遠ちゃんに対する愛情の深さや広さが彼女の生前から伝わりすぎるほどにはるパパの心に入り込み、沁み入り、愛犬家の鑑とまでは言わないが、はるパパが犬だったらこんな人に可愛がってもらいたいなと思える関係に映るものがある。そんな想いが自然とキーボードを叩かせているのかもしれない。久遠ちゃんが亡くなったという報せは今思い出してもやっぱり何かの間違いであったら、と思う。「いっぱい応援してくれたのにごめんね」というメッセージは、これ以上ないというほどの愛情に溢れていた。愛犬の死を報せるのに謝罪を口にするなんて、とはるパパは絶句した。それからしばらくの間、はるパパもブログを更新する気にもなれなかったが、はるパパなりの想いを綴らずにはいられなかった。それから半年。三日月家はその名をディオンと付けた新たなビーグルを迎え入れた。先々代のバーディーくんから数えて三代目のビーグルだ。ちょっと早いかな、とも思わなくはなかったが、思うところあってのこと。他人が口を挟む問題ではない。
死んだ犬には代わりが利くんだと思う。誤解を招きかねないが、変わらぬ愛情を注げることができる者だけにその代役が遣わされるんだと思う。身体や名前は違っても、愛し愛されることには何ら違いはない。ディオンちゃんを可愛がるということがバーディーくん、久遠ちゃんを大切に思い続けることだと思う。書いておきながら自分でも支離滅裂さに辟易するが、バーディーくんが久遠ちゃんに生まれ変わり、久遠ちゃんがディオンちゃんに生まれ変わった、そう思うとしっくりとくる。そう思おうとして折り合いをつけているのかも知れないが、人間というものは良くも悪くもそうやって生きている。
三日月@久遠さんはこれからも「久遠ママ」を名乗り、背負って生きていく。
はるパパも晴真が死んだとしても「はるパパ」として生きていくだろう。
久遠ちゃんが久遠ママにしてくれたし、晴真がはるパパにしてくれたのだから。
このブログには「わんこ友達」というその名の通り、犬の友達を紹介するカテゴリがある。主に散歩で会う近所のわんこ友達に登場願っているが、今回は会ったこともなく、もう会えることもない久遠ちゃんに登場してもらった。はるパパなりにいろいろ思うことがあって、このブログにその足跡を残してもらおうと考えたからである。
最後までお付き合いくださりありがとうございました


はるパパと年賀状を交換しませんか?

そろそろ年賀状用の画像を考えないといけない時期になりました。新規にちわぐるず特製の新年のご挨拶をご希望の方はメールフォームからお名前とご住所、メールアドレスをお知らせください。確認でき次第、はるパパからも同様のメールをお送りします。喪中の方などには年賀はがきと賀詞を用いない仕様で対応します。尚、この企画ははるパパにも年賀状を出していただける方に限らせていただきます。

web拍手 by FC2

  • 現在、ブログランキング関係の応援はご遠慮させていただいております。(2021/08/08)
  • ブログ内検索とカテゴリメニューを最上部のメニュー内に移動しました。(2020/10/01)
  • コメント欄に画像が表示できるようになりました。詳細はコメント入力フォームのご案内をご覧ください。(2020/07/05)
Twitterではときどき言いたいことをつぶやいています。“フォロー” “いいね!”をどうぞ!
Instagramではいい写真が撮れたときなどに投稿しています。こちらのフォローもどうぞ!
Facebookでは現在リンクをしておりません。
ごあんないちわぐるずメンバー紹介もご覧ください。 お問い合わせ・ご意見などはメールフォームからお気軽にどうぞ。

ヲタクハトックニチワグリアン
BLOG'N DOGS 次回の活躍をお楽しみに!
お相手はあなたのはるパパでした

記事/記事

同じカテゴリのこちらの記事はいかがですか

comment(s) 8

There are no comments yet.
一番初めのコメントを残しませんか?

イベリコ

№2658

No title

そうだねぇ…三日月さんが飼い主ならワンコになりたいって言うか
人間でも三日月さんに飼われたいとか!(笑)
思わずそんな変態発言をしてしまう程、三日月さんの久遠チャンへの愛情が
とっても素敵だった感じていたもの。。。
バーディーちゃんと久遠ちゃんが三日月さんの事を思って
3代目ビーグルちゃんを三日月さんの元に送り出してくれたって思ってます

私のワンコのお迎え&送り出しへの考えは
ワンコ達って神様からのお預かりものだって思ってるので
10数年の間だけワン達の命を神様からお預かりしていて
地上での私たちと一緒に過ごすそれぞれの犬生が終われば
神様の元へお返しする、って思っているの

なので、ワン達は神様から「どこそこの誰誰のところに行ってきなさい」と言われ
私達の元にやって来てくれて、1匹1匹が課された運命の時間を人間と過ごしたら
神様がお迎えにしてくれて、あちらの世界に戻って、地上で担ったすべての
病気や怪我なんかは神様の元に戻る間にすべて元通りになって
ゆっくりと神様の元でワン仲間たちと元の生活に戻っているんだろう、とね。。。

で、各ワンコは自分を愛してくれた飼い主の人が心配過ぎると
「神様、うちのママは悲しみのあまりカラダを壊しちゃうかもしれないので
早めに次のワンコを派遣してくださいませんか?」ってお願いしてくれるんじゃないかな?
そんな風に勝手に思っています(笑)

ウチの場合はビッキーママって呼ばれることがあまりなかったのです
なぜなら、私より圧倒的にビッキーの方が頼りになる雰囲気があって
私の保護者みたいな空気をまとっていたからなぁ~なのです(爆)
なのでウチの場合、ビッキーは神様に「神様、ウチのママはヘタレだし
私の看病ですっかり弱ってるし、体力も精神力もなんなら経済力も弱ったままなので
しばらくはワンを派遣しないでいいですから」ぐらいな勢いで言われてる気がしてます(笑)

それぞれのワンと飼い主の関係で、いろんなパターンがあるんじゃないか?
で、その全部がそれぞれに意味があって愛情で成り立ってると思っています


ゆずが届くと冬至ですね
あぁ、今年もそんな季節なのか~って、久遠さんとはるパパのやり取りで感じます
柚子湯に入って鼻歌でも歌いつつ久遠ちゃんの事をたくさん思い出すのもいいですね
特別にその日だけ晴真兄ぃーと湯船に浸かってはいかが???(^o^)/

  • 2015/11/29 (Sun) 19:16

nonnon

№2660

No title

おはようございます。

いつも荷物がとどくと、うちの貪欲ちわわも、ぼくの~~って、荷物からはなれませんが・・。
はるま君には負けますね~~。

いつも楽しませてもらってますが、さすがに、愛犬とのいつかくる別れを考えると、身につまされます。

自分が先に逝ってしまっても、残されたものがつらい思いするし、やっぱり、別れの覚悟はしておかないとだめなのですね。

少し、元気がもどってきました。
ぼちぼち、ブログupしようかと思ってます。

今年も年賀状、ぎりぎりになりそうですわん。

  • 2015/11/30 (Mon) 10:05

三日月@久遠

№2662

No title

本音を言おう。

寂しくて淋しくて
また犬を飼おうと思いました。
でも、どのビーグルを見ても、
久遠ほど可愛いと思える子がいなくて
パピーでさえ可愛いと思えなくて、
そうやって、常に久遠と比べちゃってました。

だから、次に迎える子は、ビーグル以外の犬種を考えました。
が、
やっぱりビーグル好きは変わることない様で
別犬種を飼っちゃってから後悔したらどうしようなんて、迷ったわ・・・

こんな気持のままビーグルを飼って、
久遠の様に愛せるのだろうか?
いや、多分愛せるんだと思う。
でも、そしたらそしたで
久遠を忘れていくであろう自分が許せないし
忘れられていく久遠が可哀そうな気がしちゃってた・・・

でも実際Dionを迎えても忘れるなんて事、無いね。
バーディも久遠も私の中では永遠に愛おしい存在のまんまだ^^
ずっと、その気持ちは、変わることない。

久遠の為に、素敵な記事をありがとう♪


晴君、ゆず乗せナイスだぞw

  • 2015/11/30 (Mon) 21:40

こむぎママ

№2664

No title

季節を感じさせてくれる贈り物は本当にうれしいものですね!!
うまうま。。。も嬉しい贈り物だと思います!(^^♪

久遠ちゃんはいつまでも三日月さんにとって大事な娘ちゃんなのですから、その愛情をディオンちゃん
へ今は向けていることは三日月さんにとっても心のケアになっているんでしょうね!
やんちゃ盛りで悲しんでいる暇などないぐらいに。。。。

私も先代のひまわりとチョコラブのチョコが旅に出て行ってしまった時、円形脱毛症に初めてなりました。
心の中では割り切ったと思っていてもだめなんですよね。。。

昨年は福太郎とこむぎ。。。こんな気持ちどうしたら。。。
でも、いつか会えると思えると気持ちが少しだけですが楽になりました。

はるパパさんはずーとはるパパさんで私はずーとこむぎママです!(^^♪

はる君のユーモアいっぱいのお顔は何とも愛らしいですね!!

ナイス☆

  • 2015/12/01 (Tue) 13:51

はるパパ@ちわぐるず

№2695

イベリコさん №2658

こんばん▼o・ェ・o▼ワン!v-286

リコメ遅れてゴメンね m(-(∞)-)m

そうやなぁ、はるパパもちょっと変態かな?
いやいや、それはないわ。ないない (・Θ・;)
でも、いろんなところに連れて行ってもらったり、美味しいもの買ってもらったり、で、階段のところにはビールもあるしな(久遠ちゃんが階段を上がらんようにビールの箱でバリケードしてた)。
って、何の話やねん。
そうそう、久遠ママちゃんのところだと幸せになれるって話やな。
はるパパもイベリコさんと同じように、久遠ママちゃんの強い愛情が新しい家族を引き寄せたと思ったけど、当の久遠ママちゃんはちょっと違う見解みたい。

イベリコさんのお迎え&送り出しの考えは前にも聞いたけど、10人に聞けば10通りの話が聞ける訳で、そのどれも解るだろうし、解らないだろうと思う。で、それでいいんやと思う。
イベリコさんとはるパパの決定的な違いは、闘病したか否か。
この違いは大きいと思う。
それと、はるパパは最初の1匹から今まで“ゼロ”になっていないってのも大きいかも知れんと思う。百詩が死んだときも後ろには4匹いたからね。で、百詩は普通に散歩に行ってゴハンも食べてその数時間後にポックリと逝ったんやから、何も覚悟や決断がなかってん。語弊があるかも知れんけど、死ぬことが簡単やったって思った。長患いした挙句に苦しんで死んだとかだと、もう一人の方がいいって思ったかも知れん。そのときすでにおったから、何とも言えんけどね。

結局、いろんなことがあるけど、一文字で現せるんやからな、「縁」ってすごいと思う。

イベリコさん=ビッキーママ。
確かにしっくりは来んな。
ビクトリアママだともう、大英帝国の皇太后とかの話になりかねんしな。

そんなママにもいつの日か遣使がやって来る日が突然にやって来たりしてね。
ホンマに縁はどこに転がってるか解らん。

晴真とはるパパの入浴画像、見たいか?
晴真は絶対に湯船には入らんからなぁ。
乾かす間、はるパパが風邪引きますわ。

イベリコさん、いつもありがとう \(^(∞)^)ノ

  • 2015/12/13 (Sun) 20:56

はるパパ@ちわぐるず

№2696

nonnonさん №2660

こんばん▼o・ェ・o▼ワン!v-286

リコメ遅れてゴメンねぇ (^∧^)

オリくんも宅急便を楽しみにしているんでしょうね。
ウチも外で宅急便のお兄さんに会うと、尻尾振って喜んでますよ。
何せ、月二回フードを届けてくれてるんですからね。

お別れするときは必ずやって来ます。
だからといってそれに怯えて萎縮するんじゃなくて
そのときまで目一杯楽しんでやろうと思えばいいんじゃないでしょうか。

死ぬのを楽しみにしているわけではないのですが、必ず来るんだからそれまでを大切にすればそれでいいんだと思います。

出会いは別れの始まりですよ。

出会ったときからカウントダウンは始まっているのです。

後になって後悔しないように、ね。

スピちゃん、帰っちゃって寂しくなったね。
もう大丈夫ですか?

マイペースで行きましょうね。

nonnonさん、いつもありがとう ヘU^ェ^U

  • 2015/12/13 (Sun) 20:56

はるパパ@ちわぐるず

№2697

三日月@久遠さん №2662

こんばん▼o・ェ・o▼ワン!v-286

リコメ遅れてスンマソン m(+_+)m

典型的なペットロスやな、と思った。
でも、そのペットロスなんて別に悪いことでもないし、乗り越えなアカンものでもないと思う。
で、乗り越えはしてへんやろうけど、こうして久遠ママちゃんとして存在している。

どんなビーグルもそんなビーグルもないわ。
久遠ちゃんがいなくなった悲しみや寂しさを、他のビーグルとは違うと思うことで何かと対峙してんねやろな、と思った。
その証拠に現にディオンちゃんがやってきたんだから。

誰でも同じように思うだろうな。

新しい子を迎えたら、思い出したり、比較したり。
当たり前と言えばその通りかも知れん。
結局、悲しみの矛先をどこかに求めてただけで、実際には忘れたり比べたりなんてことは絶対にないけどな。
久遠ちゃんもそんなこと望んでへんし、ディオンちゃんには何も関係がない。
飼い主の行き場のない悲しみはどう発散すればいいのか、答があるんやったらはるパパも聞いてみたい。
出会いがあって、別れがあって、そうやって生きていくんやから、バーくんやクーちゃんとは一旦お別れしたけど、ディーちゃんが来たんやから、しっかりせぇよ。
そうは言いながら、はるパパも老犬となった晴真を前に、ホンマは怖い。ものすごく晴真との別れが怖い。でも、そうは遠くないいつの日か送り出したとき、真っ先に晴真にはありがとうと言いたい。避けられないその日を怖がってばかりでも前へは進まんしな。その先にある晴真の思い出との共生を楽しく過ごせるようにしたい。久遠ママちゃんは大丈夫。もうその渦中にいてると思う。じゃなければ記事なんて書けんよ。

久遠ママちゃんがボケたって久遠ちゃんを忘れることなんてないと思うわ。
久遠ちゃんは久遠ママに出会うために産まれたんやから。
バーくんもディーちゃんも同じ。

ゆず、安定悪くて何回もやり直してもうたわ。

久遠ママちゃん、いつもありがと (*'v`*)

  • 2015/12/13 (Sun) 20:56

はるパパ@ちわぐるず

№2698

こむぎママ №2664

こんばん▼o・ェ・o▼ワン!v-286

リコメ遅れてゴメンなさいねぇ (o*。_。)o

何だか甘えっぱなしで毎年送ってもらっちゃってます。
大したお返しもできていないのにね。

女の子とはいえ、手のかかる時期ですからね。そうやって愛情が芽生えたり絆が生まれるんですね。
三日月さんの久遠ちゃんへの愛情はみなさんご存知ですものね。
闘病のブログも見守っていたのですが、残念です。
そんな彼女のこと、新しい出会いを喜んでくれると信じています。

割り切ろうと思ってもできることとそうでないことがあります。
忘れたりリセットじゃなくて、何かに置き換えるとか、共存していく。
そうやってみなさん苦悶するんですよね。でも解決策なんて見つからなくて。
日にちが癒してくれるとも言いますが、一緒に暮らして幸せだった記憶をどうにかすることなんてできませんからね。
新しい思い出を作っていくことが一番いいような気がしますが、さてはて、三日月さんはどんな新しい生活を送られるのでしょうか。

そうですよね、いつの日かみんなに会えると思うと楽になり、楽しみでもありますよね。
それこそが一番の供養なのかもしれません。

こむぎママ、いつもありがとう U^。^U

  • 2015/12/13 (Sun) 20:57

comment form



コメントを投稿される方へのご案内

  • コメントを投稿された際にはプライバシーポリシーをご了承いただいたものと判断をします。このブログのご案内でご確認ください。
  • 記事本文を参照としないコメントやご自身の近況報告、コピーペーストのコメントは削除する場合があります。
  • ちわぐるずではコメント承認制を採らせていただいております。いただいたコメントは承認後に公開されます。不適切と判断したコメントは削除します。
  • 投稿後はパスワードを設定されていれば編集できますが、削除はできません。
  • 非公開コメントは一度投稿されると編集,削除,確認はできません。
  • コメント欄に画像を表示できるようになりました。画像URLをそのまま本文欄にお書きください。原寸での表示となりますのでサイズにご注意ください。
  • コメント欄用の文字修飾ツールは設置しておりません。HTML5準拠によりコメント欄でのHTML利用(文字色変更,下線,打線,太字など)はお控えください。はるパパからのお返事は赤い文字を使用しますが、これはCSSで色を指定しています。

記事/記事

同じカテゴリのこちらの記事はいかがですか