ちわぐるず



築九年の家

 虹の橋便り     12
虹の橋便りライン

一人旅に出してから九年  元気にしているだろうか

小さなハウスには何やら白い欠片が入っている
はるパパが愛し抜いたカケラが
チワワとその父親の骨壺と
九年前に旅に出た百詩(ももじ:享年11♂)のおうち
九年も経つと色褪せてぼんやりとしている


ハウスが色褪せようがどうなろうが
オマエのことを忘れたわけではない
チワワの骨壺を抱える飼い主
忘れてはいないがもういないんだと理解はした
いくらかは辛かったが理解しなくてはならなかった


虹の橋便りフッタ


9回目の祥月命日

百詩、オマエがはるパパに教えてくれたことやしてくれたことはたくさんある。はるパパがオマエにしてやったことなどほんの少ししかないのに、だ。9年も経って今さら感は否めないが、少し書いてみようと思う。まだオマエを迎える前のこと。はるパパはパグが欲しかった。チワワなんてこう言っちゃなんだが苦手だった。そんなはるパパに一目ぼれされたのは百詩が初めてだった。不精なはるパパに甘え、愛してくれた。ものすごく臆病で他の犬とも上手く付き合えなかったが、奥さんを迎え、子供も作ってくれた。どんなに嬉しかったかわかるか。今でもオマエの子や孫がはるパパの側にいてくれている。いろんな所に遊びにも行ったよな。犬と出かけることが楽しいことだと教えてくれたのも百詩、オマエだった。捨て犬を拾ったときもちゃんと面倒を見てくれたし、仲良くもしてくれた。ちょっとずつ年老いてきても何とか元気だと振舞ってくれた。そして死んでしまったときもオマエははるパパを大きく悲しませたが、それ以上に感謝の気持ちを生んでくれた。犬を亡くす辛さ以上に、だ。だからかどうか、はるパパは胸を張ってオマエを火葬炉に送り出した。看取ることができる幸せというものがあるということもこのとき知った。だから新しい旅立ちをきちんと見届けられたんだと思う。それはやっぱりオマエが死んでしまったことをきちんと認めることができたからだと思う。死がお互いを分かつものではないと今でも思っている。だから、また会えるその日を今から楽しみにしている。百詩、今日は命日。第二の誕生日おめでとう。

恥ずかしながら祥月命日という言葉を知らなかった。いろんなブログで愛犬を亡くされたブロガーさんの記事で知り、検索したと言う無知さ。穴があったら入りたいが、小さな六角形のハウスに入っているのははるパパ初の愛犬、百詩(ももじ:享年11♂)の遺骨である。9年前の火葬以来、何度となく蓋を開けてはその変わり果てても尚、愛くるしいその頭を撫でていた。割と綺麗に残ったと言われた頭蓋骨ははるパパの執拗な愛撫のせいですっかりとボロボロになってしまったが、それでもやっぱり愛おしいし、可愛い。宗教観などで考え方も違うと思うが、10年という節目を前にしても未だに納骨もできずにいるはるパパをやっぱり何だかんだという人は結構いる。納骨した方がいいのかどうか、はるパパにも良くわからない。しかし、今は納骨せずともきちんと供養しているつもりではいるのでこれはこれでいいのだと思っている。
入梅した途端に大雨に見舞われている大阪です。みなさまのお住まいの地域はいかがでしょうか。体調も崩しやすい時期です。どうぞご自愛ください。


遠くに旅立った子のお話でした

web拍手 by FC2

  • 現在、ブログランキング関係の応援はご遠慮させていただいております。(2021/08/08)
  • ブログ内検索とカテゴリメニューを最上部のメニュー内に移動しました。(2020/10/01)
  • コメント欄に画像が表示できるようになりました。詳細はコメント入力フォームのご案内をご覧ください。(2020/07/05)
Twitterではときどき言いたいことをつぶやいています。“フォロー” “いいね!”をどうぞ!
Instagramではいい写真が撮れたときなどに投稿しています。こちらのフォローもどうぞ!
Facebookでは現在リンクをしておりません。
ごあんないちわぐるずメンバー紹介もご覧ください。 お問い合わせ・ご意見などはメールフォームからお気軽にどうぞ。

ヲタクハトックニチワグリアン
BLOG'N DOGS 次回の活躍をお楽しみに!
お相手はあなたのはるパパでした

comment(s) 12

There are no comments yet.
一番初めのコメントを残しませんか?

non ori

№7027

言葉がでない。。。

はるぱぱさんのこの記事読んでたら、涙が止まらなくなってしまった。
9年前に逝った。。。うちは、9年前に来た。
そしてその月にの重みを感じてしまいました。
何をしてやれるとか何をすべきかとかじゃない気がする。
何をしたらいいかわからない。でも出来ることには限りがある。
私にできることすればいいだけで。。。。言葉でいうのは簡単だけど。
言葉の通じない愛しい相手に残された時間を 有意義に過ごしたいと思う毎日です。
何を書いてるのかわからないけど。。。
わたしにも、必ず、別れがやってくる。。。それをどう乗り越えるかは、今の毎日の生き方なんだろうか。
はるパパさん、元気でいてね。

  • 2019/07/05 (Fri) 18:02
はるパパ@ちわぐるず

はるパパ@ちわぐるず

№7030

non oriさん №7027

おはよう▼o・ェ・o▼ワン!v-286

9年も経つのに、ね。
何だかんだと言いながら未練があるんかな、と思ったりします。
それでも、きちんと送り出せたとは思っているけどね。自負。
いろいろしたいこともあるやんな。でも、日常を普通に生活していることが案外幸せだったりするから。
特別なことは必要ないと思う。毎日を楽しく、ってことが一番かな。

non oriさん、いつもありがとでし (*´◒`*)

  • 2019/07/06 (Sat) 06:49

まろまま∵

№7031

こんばんわんこ。

百詩ちゃん。かわいい名前ですね。
お顔も愛くるしいのにどこか男のらしくって。
まろと同じ日が第2のお誕生日なんて
ご縁を感じます(*^_^*)
私もまろに教わったことあります。
話ができないなりに行動で教えてくれました。

まろも納骨せずにというか
納骨できずにお家に連れて帰ってきました。
いつかは納骨しなくちゃいけないと思っていますが。
最近、ペットと一緒に樹木葬が
できる所があるってきいたから興味津々です。
ずっと一緒にいたいから(*^_^*)

  • 2019/07/06 (Sat) 23:02
はるパパ@ちわぐるず

はるパパ@ちわぐるず

№7032

まろまま∵さん №7031

こんばん▼o・ェ・o▼ワン!v-286

お散歩で知り合った方たちからは何度も何度も聞き直されたり、挙句の果てには憶えてもらえなかったりした名前です。
チワワらしくない顔でしょ?
頼りない性格で、何をやってもビビりでアカンタレやったのに、家族が増えたらきちんと主みたいに構えてたんですよ。言葉は通じませんが、心は通ってたんだな、と思います。
さすがに9年も経つと毎日思い出すこともなくなってきましたが、第二の誕生日はそっと思い出してお祝いしてあげたいのです。
ありがとうの気持ちは今でも変わりませんから。

はるパパもこの世から消えるときには愛犬たちと一緒に眠りたいな、と思いますけどね。
実際にはどうなんだろう…。一人暮らしは心配だらけです。

「はるパパのお気に入り」にリンクを貼らせていただきました。

まろままさん、ありがとうございます (✧◡✧)

  • 2019/07/06 (Sat) 23:15

ゴママ(^^♪

№7033

こんばんは(^^♪

先程は失礼いたしました‥・・・春パパさんもお忙しいでしょうに、当にわがままを聞いてくださりありがとうございます。
本当に、PCには何年たっても詳しくなれなくてご迷惑をおかけしています。
本当に申しわけございません.!!(汗)(;^_^A
百詩ちゃんは11歳でお星さまになられちゃったんですね・・・・早すぎましたね。
愛情をもって我が子のように育てられたはるパパさんにとっては、幾つになっても何年たっても忘れることは出来ないと思います。
それが愛情というものだと思います。
百詩ちゃんも幸せだったと思いますよ~~こんな優しいはるパパさんに育てられたんですから~~。
之からは他の子たちのためにも仲良く楽しく幸せにお過ごしくださいね。
今日は本当に、ありがとうご来させてくださいね。

  • 2019/07/06 (Sat) 23:54
はるパパ@ちわぐるず

はるパパ@ちわぐるず

№7034

ゴママさん №7033

こんばん▼o・ェ・o▼ワン!v-286

こちらこそすみませんでした。URLを貼り間違えてしまいました。
ご迷惑をおかけしました。
PCに慣れていらっしゃらないとは思っていませんよ。画像をアップして記事を書かれているじゃありませんか。
大したものです。
そうなんですよ、11歳。ちょっと早かったです。今でも心残りはないとは言えませんね、やっぱり。
幸せだったかどうかは分りませんが、できることはやったつもりですから、後悔はありません。
こちらこそご無沙汰してすみませんが、またいらしてくださいね。

ゴママさん、いつもありがとうございます (◍´ಲ`◍)

  • 2019/07/07 (Sun) 00:10

しんのすけ母

№7035

こんばんは

いつもご無沙汰ばかりで、すみません…。
はるパパさん、どうされているかな~と思っていた矢先にコメントをいただき…
嬉しかったです~~。
百詩ちゃんの9回目の命日…
どんなに月日が経っても衰えることがないはるパパさんの愛情…
ひしひしと伝わってきました…。
百詩ちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします…。

  • 2019/07/07 (Sun) 01:34

ruruchanchan

№7036

No title

百詩くんの子や孫、きちんと百詩くんが一生懸命に生きた証がいつも傍にいてくれて、少し羨ましいです。
死がお互いを分かつものではない…本当にそう思います。必ずまた会えます。
私も先代犬の時は10年以上納骨できなかったし、今の子も納骨していないし、今のところ全くする気はないですが、同じく私なりに供養はしているので、それはそれで良いと思っています。(^-^)

  • 2019/07/08 (Mon) 19:09

-

№7038

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/07/27 (Sat) 03:00
はるパパ@ちわぐるず

はるパパ@ちわぐるず

№7045

しんのすけ母さん №7035

こんばん▼o・ェ・o▼ワン!v-286

こちらこそご無沙汰ですみませんでした。
しんちゃんの旅立ちには何も言葉が見つからずにもどかしい限りです。
ブログの更新もお止めになったそうですね。
寂しい気持ちはありますが、今までのご縁に感謝しつつご苦労様でしたと言わせてくださいね。

しんのすけ母さん、本当にありがとうございました (。Ő▽Ő。)ノ゙

  • 2019/09/20 (Fri) 04:01
はるパパ@ちわぐるず

はるパパ@ちわぐるず

№7056

ruruchanchanさん №7036

こんばん▼o・ェ・o▼ワン!v-286

百詩が亡くなってから9年という日々が過ぎました。
あれからいろんなことがこれでもか、と言うぐらいに公私共にあり過ぎて大変だったのですが、そんなときでも傍らに犬がいる、百詩の血が通った子がいる、そう思うだけで何とか乗り越えることが出来ました。
何も取り得のない人間ですが、この子達は本当に自慢なんです。
供養って特に決まりごとなんてないと思っています。
伝統や儀式、形式も大切かもしれませんが、当の人間と犬との関係はそんなものでは計り知れませんから。
やりたいようにやるのが最大の供養だと思いますよ。

ruruchanchanさん、いつもありがとうございます (o^^o)♪

  • 2019/09/21 (Sat) 01:11
はるパパ@ちわぐるず

はるパパ@ちわぐるず

№7057

№7038さん

こんばん▼o・ェ・o▼ワン!v-286

今までたくさん頑張ったんですから、やさしくお見送りさせてもらいました。
本当に寂しくなりましたが、いつの日かまた一緒にお散歩できる日が来ます。
それまでしばらくは寂しいでしょうが。

№7038さん、本当にありがとうございます。

  • 2019/09/21 (Sat) 01:15

comment form



コメントを投稿される方へのご案内

  • コメントを投稿された際にはプライバシーポリシーをご了承いただいたものと判断をします。このブログのご案内でご確認ください。
  • 記事本文を参照としないコメントやご自身の近況報告、コピーペーストのコメントは削除する場合があります。
  • ちわぐるずではコメント承認制を採らせていただいております。いただいたコメントは承認後に公開されます。不適切と判断したコメントは削除します。
  • 投稿後はパスワードを設定されていれば編集できますが、削除はできません。
  • 非公開コメントは一度投稿されると編集,削除,確認はできません。
  • コメント欄に画像を表示できるようになりました。画像URLをそのまま本文欄にお書きください。原寸での表示となりますのでサイズにご注意ください。
  • コメント欄用の文字修飾ツールは設置しておりません。HTML5準拠によりコメント欄でのHTML利用(文字色変更,下線,打線,太字など)はお控えください。はるパパからのお返事は赤い文字を使用しますが、これはCSSで色を指定しています。