ちわぐるず



旅立ちの場に選ばれて

 虹の橋便り     4
虹の橋便りライン

最期の場に選んでくれてありがとう  粋な旅立ちをするではないか

その時が来たからと言って
勝手にそのリードを外して旅に出た晴真(はるま:享年15♂)
芝生の広場で遠くを見つめる今は亡きビーグル
いつも寄り添ってくれていた彼だったけれど
振り返ることなどなく真っ直ぐに行ってしまった


昨年の同じ日の記事と
四年前の亡くなった日の記事

四年前の記事にいただいたコメントへは未だにお返事が書けていない
理由は読み返すことができないからに他ならない


虹の橋便りフッタ


足元でひっそりと

四年前の今日、雨が降る早朝に晴真ははるパパが寝ているその足元で冷たくなっていた。15年間、毎日はるパパに寄り添って寝ていた彼らしく、その瞬間もはるパパの許でと決めてくれていたようだった。さんざん世話になっておきながら、これでもかと迷惑をかけておきながら別れの挨拶もせずにずいぶんと身勝手な旅立ちだったと思うこともあったが、それでもはるパパの足元を旅立ちの場と決めてくれたことはやっぱり嬉しい。もう増えはしない写真を眺めながら、ボロボロとは流れなくはなったものの涙が枯渇することは永遠にないんだろう。


相変わらず夢にも出てはくれない晴真ですが、向こうでもいろんな人たちに迷惑をかけながらも可愛がられていることだろうと、そんな風には思います。15年間幸せだったんだなと素直に感じられる今、彼のその存在感の大きさに驚いています。
遠くに旅立った子のお話でした

web拍手 by FC2

  • 現在、ブログランキング関係の応援はご遠慮させていただいております。(2021/08/08)
  • ブログ内検索とカテゴリメニューを最上部のメニュー内に移動しました。(2020/10/01)
  • コメント欄に画像が表示できるようになりました。詳細はコメント入力フォームのご案内をご覧ください。(2020/07/05)
Twitterではときどき言いたいことをつぶやいています。“フォロー” “いいね!”をどうぞ!
Instagramではいい写真が撮れたときなどに投稿しています。こちらのフォローもどうぞ!
Facebookでは現在リンクをしておりません。
ごあんないちわぐるずメンバー紹介もご覧ください。 お問い合わせ・ご意見などはメールフォームからお気軽にどうぞ。

ヲタクハトックニチワグリアン
BLOG'N DOGS 次回の活躍をお楽しみに!
お相手はあなたのはるパパでした

comment(s) 4

There are no comments yet.
一番初めのコメントを残しませんか?

こむぎママ

№10323

はるパパさん…
晴真くん…ブログの中でしか会えなかったのですが、小さな家族に囲まれながら優しさ溢れて茶目っ気いっぱいで存在感があり、ビーさん特有の食いしん坊さんで、大好きでした…
我が家もビーさんがいて、いつも親しみがあってハルくんにワクワクしておりました。
ハルくんは最期まではるパパの近くに寄り添って男前なビーさんでしたね‼️
いつまでも大好きです‼️

  • 2021/10/03 (Sun) 08:20
はるパパ@ちわぐるず

はるパパ@ちわぐるず

№10324

こむぎママ №10323

こんばん▼o・ェ・o▼ワン!v-286

くだらない記事にも温かいコメントをこむぎママは付けてくれていましたから、晴真も喜んでいると思います。
本当に優しい性格だったからチワワたちに対しても穏やかに接してくれていました。
本当に食いしん坊でしたよ。ビーグルってこんなにも?と教えてくれたものです。
懐かしいな、今でも会いたいです。

こむぎママ、いつもありがとうございます (^_-)-☆

  • 2021/10/04 (Mon) 00:29

ちわ

№10325

あの子がいた日

晴真くん キミは幸せだったね~^^宮殿(使用させていただきました)に来れて 生きて 食べて 楽しんで四年経ってもまだまだキミのインパクトが強すぎて忘れられないって…あのまま日の暮れた公園にひとりぼっちでいたら---こんな温かい幸せはなかったよね。宮殿に来なかったら冷蔵庫をあけるという高技術も生まれなかった。
生前のペロリスト事件簿が数知れずだったのは 父ちゃんに話題作りを提供するため?
なのに引き際が見事すぎて---この親孝行もの💛

我が家も10月は送った子が二人(二匹)います。
プティが逝った現場は見ていないのですが 初代猫が逝ったあの日の天気 部屋の感じ…今も覚えてます。
こういうのイカン…見ただけで置き換えて涙腺が緩みます。

  • 2021/10/07 (Thu) 16:25
はるパパ@ちわぐるず

はるパパ@ちわぐるず

№10326

ちわさん №10325

こんにち▼o・ェ・o▼ワン!v-286

引き際ねぇ…。
もうちょっと何かなかったんかいっ! って思ったものです。
晴真の中でそのタイミングが来たってそう思ったのかもしれません。
引き際というか、潮時みたいな。
あの日拾っていなければ違った犬生だったと思いますが、はるパパははるパパなりにできることはやったつもりでいますから、あまり悲しくはないのかもしれません。悔いもあまりありません。
ただねぇ、悲しくはないけれど寂しいです。
四年経っても変わらずに、です。これはこの先も変わることはないんですよね。
動物を飼うということはそういうことなんだと思います。
それでいいんだと思います。

そんな日の光景って鮮明に蘇りますよね。酔いが回りますではなく、です。
人間は悲しみを和らげようとします。そして、忘れてはいけないんだと記憶に鮮烈に刻み込もうともします。
矛盾ですが、うまくバランスを取っているのかもしれません。

ちわさん、いつもありがとうだもんでいかんがね (#^.^#) ←だんだんひどくなっていっている気がします…。

  • 2021/10/08 (Fri) 16:38

comment form



コメントを投稿される方へのご案内

  • コメントを投稿された際にはプライバシーポリシーをご了承いただいたものと判断をします。このブログのご案内でご確認ください。
  • 記事本文を参照としないコメントやご自身の近況報告、コピーペーストのコメントは削除する場合があります。
  • ちわぐるずではコメント承認制を採らせていただいております。いただいたコメントは承認後に公開されます。不適切と判断したコメントは削除します。
  • 投稿後はパスワードを設定されていれば編集できますが、削除はできません。
  • 非公開コメントは一度投稿されると編集,削除,確認はできません。
  • コメント欄に画像を表示できるようになりました。画像URLをそのまま本文欄にお書きください。原寸での表示となりますのでサイズにご注意ください。
  • コメント欄用の文字修飾ツールは設置しておりません。HTML5準拠によりコメント欄でのHTML利用(文字色変更,下線,打線,太字など)はお控えください。はるパパからのお返事は赤い文字を使用しますが、これはCSSで色を指定しています。