ちわぐるず



真夏の夜の悪夢

 青息吐息     4
青息吐息ライン

まだ若いと思っていても  とっくにシニアになっていたんだな

てんかん発作に見舞われた創美(つくみ:8歳♀)
それは6月のある夜に突然襲ってきた
てんかん発作を発症した翌日の8歳のチワワの女の子
翌日には何事もなかったかのようなこの表情
しかしこれからが本当の闘いだ


一日二回の投薬を生涯続けることになった
人間が作り出した品種は脆いものだ
抗てんかん薬が入った兵庫県西宮市のヒロ動物病院の薬袋とてんかん発作を起こしたチワワの女の子
四の五の言っても仕方がない
闘わねばならないのなら闘えばいいだけだ


青息吐息フッター



万事休すかと

夕方になっても気温が下がらず、蒸し暑い日であった6月25日。ちわぐるずナンバー4の創美が突然に全身の痙攣を引き起こした。口からは泡を吹き、意識は混濁していた。しかし3分ほど経つと急に落ち着き、何事もなかったかのように普通に戻る。前兆などは見られなかったが、瞬時にそれがてんかん発作だと確信した。それから数分後に再度の発作を発症。これには非常に慌て、驚いた。長い犬飼い人生の中でもそうはない恐怖感。土曜の夜だ、かかりつけは休診。救急病院を探した。するとさほど遠くない場所に土曜の夜でも通常の診療を行っている動物病院を発見。県境を越え、市を2つ跨ぐが距離は知れている。さっそく朦朧としている創美をキャリーバッグに詰め込み、財布には諭吉も2枚忍ばせて甲子園近くまで向かった。診断の結果はやはりてんかんであり、発症の状況から症候性てんかんの群発と診断された。脳に明らかな器質的な病変があり、24時間以内に2回以上の発作を起こしているということである。未治療での予後は悪く、生存期間はあまり長くないそうだ。今まで大した病気もせずにやっては来たが、ここへ来てなかなかに非情な現実を突きつけられたような気がしたが、なってしまったものは仕方がない。完治しない病気であることは何となく知ってはいたが、やはり生涯にわたって抗てんかん薬で発症をコントロールしていかなくてはならないそうだ。最終的な目標はQOLを下げることなく、発症頻度を3カ月に1回以下程度になるようにコントロールすることだが、まずは治療開始前の発症頻度の50パーセント以下になるようにすることを目標にすることになった。てんかん持ちの創美との暮らしを楽しもう。泣いても笑っても一生一緒にいられる訳ではないのだから、この一瞬一瞬を大切にしようと思う。できることは知れてはいるが。

一カ月以上も前の出来事で恐縮なのですが、何となくちゃんとした犬ブログらしい記事が書けるネタが不本意ながら舞い込んできた形となりました。以来一度も発作はなく、頓服の座薬も使わずで安心しているところです。まだまだ未来ある創美です。薬が必需品となっても可愛い創美には変わりありません。2諭吉が入った財布からは1一葉しか出ていくことはなく、いささか安堵しながら決意新たにした真夏の夜のお話でした。


ちわぐるずがいつも朗らかではないというお話でした

web拍手 by FC2

  • ブログ内検索とカテゴリメニューを最上部のメニュー内に移動しました。(2020/10/01)
  • コメント欄に画像が表示できるようになりました。詳細はコメント入力フォームのご案内をご覧ください。(2020/07/05)
Twitterではときどき言いたいことをつぶやいています。“フォロー” “いいね!”をどうぞ!
Instagramではいい写真が撮れたときなどに投稿しています。こちらのフォローもどうぞ!
Facebookでは現在リンクをしておりません。
ごあんないちわぐるずメンバー紹介もご覧ください。 お問い合わせ・ご意見などはメールフォームからお気軽にどうぞ。

ヲタクハトックニチワグリアン
BLOG'N DOGS 次回の活躍をお楽しみに!
お相手はあなたのはるパパでした

記事/記事

同じカテゴリのこちらの記事はいかがですか

comment(s) 4

There are no comments yet.
一番初めのコメントを残しませんか?

ちわ

№10419

また出ちゃいます

出ちゃいけない…他の方もいらっしゃるのだからと思いつつ しゃしゃってしまう私ですが お許しを。
プティがフッ…フゥ~と荒い息を吐いた…バタン!というのは 経験してます。つくちゃんとは違うと思いますが これはこれで恐怖でした。しばらくすると普通に立ち上がりました。いつも曲がって走るので一種の奇形--とも言われいずれ歩けなくなる可能性 とも言われました。それでもパンナのご飯を横取りしてガツガツ食べたりさえしなかったら もっともっと生きられたと思います。
つくちゃん これから向かい合う試練かもしれないですけど 私はつくちゃんの生きる力を信じます!

あ、私のbirthdayは迎え火です💦なんでも迎えますわ この際。

  • 2022/08/06 (Sat) 23:40
はるパパ@ちわぐるず

はるパパ@ちわぐるず

№10420

ちわさん №10419

こんばん▼o・ェ・o▼ワン!v-286

いえいえ、ブログなどコメントがあってこそです。もちろん立ち読みの方もウエルカムなのですが、コメントを付けてくださる方はVIP級です。堂々とお越しくださいませ。
目の前で愛犬が意識をなくして痙攣している。今思い出しても恐怖です。
創美はてんかんという烙印を押されてしまったので、今後のことは治らないにしても対策が決まっただけでも良かったのかもしれません。
チワワを可愛くしようとすればするほど脳にダメージを与えるリスクは比例して増えていくそうです。
ちわさんなりのお考えもあるでしょうが、たらればは言ったところでどうにもなりません。人間が自分を慰めるためにだけ編み出した避難経路。
試練でも何でもかかって来んかい! と創美と団結した次第です。

迎え火でも送り火でも何でもいいじゃないですか。どうせなら行ったり来たりしてもいいかも。

ちわさん、遅い時間にコメントくれたでビックリしてまったがね 早よ寝やぁ (︶.̮︶✽)

  • 2022/08/07 (Sun) 00:07

senri32

№10428

あのー。私あと2ヶ月で「前期高齢者」の仲間入りです。シニアの定義って国連とWHOとでは違うんです。WHO的に言わせていただければ私は今現在はシニアではありません。

  • 2022/09/02 (Fri) 17:59
はるパパ@ちわぐるず

はるパパ@ちわぐるず

№10432

senri32さん №10428

こんばん▼o・ェ・o▼ワン!v-286

センリさん、もうそんなお歳だったのですね。
精力的に活動されておいでですからもっとお若いのかと勝手に思っていました。
国連、WHOの定義などどこ吹く風でこれからもお若くいてくださいね。

センリさん、いつもありがとうございます (*^^)v

  • 2022/09/13 (Tue) 22:10

comment form



コメントを投稿される方へのご案内

  • コメントを投稿された際にはプライバシーポリシーをご了承いただいたものと判断をします。このブログのご案内でご確認ください。
  • 記事本文を参照としないコメントやご自身の近況報告、コピーペーストのコメントは削除する場合があります。
  • ちわぐるずではコメント承認制を採らせていただいております。いただいたコメントは承認後に公開されます。不適切と判断したコメントは削除します。
  • 投稿後はパスワードを設定されていれば編集できますが、削除はできません。
  • 非公開コメントは一度投稿されると編集,削除,確認はできません。
  • コメント欄に画像を表示できるようになりました。画像URLをそのまま本文欄にお書きください。原寸での表示となりますのでサイズにご注意ください。
  • コメント欄用の文字修飾ツールは設置しておりません。HTML5準拠によりコメント欄でのHTML利用(文字色変更,下線,打線,太字など)はお控えください。はるパパからのお返事は赤い文字を使用しますが、これはCSSで色を指定しています。

記事/記事

同じカテゴリのこちらの記事はいかがですか